猫 お役立ち

トイレハイって知ってる?これから猫を飼う人にも知ってもらいたいトイレの後に猛ダッシュする猫の謎

猫 お役立ち

皆さんは【トイレハイ】って言葉を知っていますか?猫飼いさんなら「あ~あれね」と思い当たる方も多いでしょう。

25年も保護猫と暮らしていると、わが家ではよくある風景のひとつになっています。

これから猫を飼う予定の方、飼ってはないけど猫に興味のある方も一緒に【トイレハイ】の謎に迫ってみましょう!

スポンサーリンク

猫の【トイレハイ】とは?

ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!……

ママ
ママ

おトイレ下みたいね、終わったらお掃除に行くか……

と思っていたら

ダダダダダダダダダダーーーーーーーー!!!!!いきなり猛ダッシュで部屋の中に駆け込んで来たかと思いきや、急旋回して向こうへ走り去ってゆく。

・・・・・・・な、なんなんだ?どうした???

そう、これが通称【トイレハイ】です。

はじめて目にした時は何事かと慌てふためいたものです。同じような経験をした方も多いのではないでしょうか。あまりにも激しいのでどこか悪いのではないかと心配になるかもしれませんが、トイレハイ自体は病気ではないのでどうぞご安心なさってください。

猫さんにとっては珍しい行動ではありません。

トイレハイにも個体差があるので、毎日やる猫さん・全くしない猫さん・たまにやる猫さん、様々なようです。

猫はなぜトイレハイになるのか

副交感神経の問題説

自律神経に関係する体の仕組みだと言う有力説です。トイレ中は副交感神経が刺激されて、トイレが済むと交感神経が活発になりスイッチが入ったように興奮するのでは……と言われています。

なんと人間も他の動物も同じだそうです。犬飼の友達5人に聞いたところ、トイレハイのような行動をとる犬さんは2匹でした。わが家は三人の人がいますが誰もハイになりません。しかし娘がまだおむつの頃、走り回っていたような……。

野生時代の名残り説

この説はイエネコの祖先にさかのぼります。祖先は砂漠地帯に生息するヤマネコです。野生の先祖猫は外敵に狙われるリスクを避けるため、縄張りからできるだけ遠い場所でトイレをしていたと言われています。そしてトイレを済ませたらダッシュで移動することで身を守っていたらしいです。

野生動物のトイレ中は、無防備になり敵に襲われる可能性がある危険な時間です。なので、できるだけ縄張りから離れて用を済ませ素早く走り去る習慣が残っているのでは……と言う説です。

今日も安全にトイレができたぞ!と言う安心感からハイテンションになっているのかも知れませんね。

単純にスッキリしたから説

トイレの後のスッキリした感じにテンションが上がっているだけ、それがトイレハイだという説もあります。

やはりトイレの後は人間も同じくスッキリして気持ちいいですよね。猫さんもスッキリ爽快になって、さらに一歩進んで興奮状態になるのかもしれません。

あ、今思い出したのですが、娘がまだトイレを覚えたての頃にその様な事がありましたね。室内をキャッキャ走り回る娘を、パンツをもって追いかけ回したこと。同じかもですね(笑)

飼い主へのアピール説(笑)

トイレハイの砂かきや猛ダッシュは、飼い主さんへのアピールだいう説もあります。

トイレを掃除してほしいのか、ちゃんと出来たことをほめて欲しいのかわかりませんが「出たよ!トイレ終わったよ!」って報告してくれてるのかもしれませんね。甘えん坊な猫さんなら信ぴょう性はあるかな?

猫のトイレハイの様々な行動

猛ダッシュ

トイレの後(前の事もある)に猛ダッシュをするのが、猫のトイレハイでは多い行動と言えるでしょう。部屋の中にダッシュで駆け込んで、カーペットもクッションも蹴散らして嵐のように去って行く。またはすごい勢いでキャットタワーに登る。

尻尾もボワッっと膨らんで大興奮状態で家具や物を倒してしまうこともあるかもしれません。あまりにも激しい時は落ち着くまで見守ってあげたら良いかもしれません。

これでもか!ってほど爪を研ぐ

ものすごい勢いで爪を研ぐのも、猫のトイレハイではようある行動のひとつです。トイレから飛び出してきたかと思うと「これでもかっ!」と言うほど爪を研ぎます。毛を立ててイカ耳になって、あまりのもの形相に驚くかもしれませんが大丈夫です。

ある程度で気が済んだら何事もなかったかのようにくつろぎ出します。

まあ、うちでは何故かトイレハイの爪とぎは毎回カーペットでされて涙をのんでいます😢

人やおもちゃに飛びつく

あまり多くはないようですが、猫のトイレハイの行動として、人やおもちゃに飛びつく(そして噛む)と言う事もあります。これは攻撃ではなく、興奮のあまりに…と言う事らしいです。触ろうとすると余計に興奮して噛まれるパターンが多いそうです。

落ち着くまであまり構わず、落ち着くまで飛びつかれても噛まれても知らんぷりするのが良さそうです。そうすることで「あ、こうしても遊んでもらえないんだ」と気づいてもらいましょう。

一心不乱にトイレの砂をかく

トイレの後にビックリするほど猛然と砂をかくことはありませんか?これも猫のトイレハイで多い行動のひとつです。

ものすごい勢いで砂を描くので、トイレハイの後はトイレの周りが砂だらけ😢と言う事も多いです。毎回お掃除が大変で困っちゃう飼い主さんも多いと思います。

大声で鳴く

何かを訴えるように大きな声で鳴くのも、猫のトイレハイでよく見られる行動らしいです。うちの猫はしないのですが、びっくりした飼い主さんも多い事でしょう。

だいたいは少し落ち着けばおさまります。鳴き声があまりにも異常だったり、いつまでも泣き止まない場合は何か異変が起きている事も考えられます。不調のサインの可能性もあるので注意して様子を伺いましょう。

猫のトイレハイは辞めさせる事ができるのか

日常的にトイレハイになる猫さんを強制的に辞めさせるのは難しいと思います。これはもう本能なので、走り回ったり飛びつかれたからと言って怒るのは全く意味のないNG行動でしょう。

しかし飼い主さん的にとても困っているのであれば、次に考えるべき事は、トイレハイになる原因です。ほんの少しでも取り除いてあげる事ができれば、その行動も軽減される可能性もあります。

考察① そもそもトイレハイではなくトイレ自体に不満がある可能性

猫さんはトイレに不満がある時にもトイレハイのような行動(砂を描いたり鳴いたり)をする事があります。うんちに砂をかけずに飛び出してくるのは、トイレハイでは無い可能性もあります。

砂をかかない、トイレのふちに足をかけている、砂ではなくトイレのふちや床をかく、このような行動は猫さんがトイレに不満を持っている時にみられる行動です。

  • トイレはいつも清潔に保ちましょう
  • 普段くつろいで過ごしている場所から少し離れた場所にトイレを設置する
  • その猫に合ったトイレを用意する(大きさ、好みの砂など)
  • 沢山遊んであげて普段から体力を少し消費してあげる。

とは言ったものの、何をしてもトイレハイを辞めない猫さんももちろんいるので「そういう本能なんだな」と思って温かく見守ることも大切でしょう。

考察② 身体の不調のサインの可能性

トイレハイは、本来なら猫の本能なので心配はいらない行動です。しかし、トイレハイに見えてそうではない場合があり、それが猫ちゃんの不調のサインの可能性があります。

  • 排泄中に苦しそうに鳴く
  • 鳴き方がいつもと違い異常
  • しばらく待っても落ち着くことなく鳴き続ける
  • 触られる(特にお腹の周り)のを嫌がる
  • 排泄物がいつもと違う
  • トイレに何度も行くのに何も出ない(少ししか出ない)
  • 痛そう、苦しそう

このような行動がトイレ前後にある場合は注意した方が良いでしょう。痛みや不快感でいつもと違う鳴き方になることもあるし、ストレスで攻撃的になることもあります。

猫さんの様子がいつもと違ったらまず排泄物をチェックしてみましょう。便に血が混ざっていたり、下痢・血尿など。また、元気がない・食欲がないなどのトイレ以外の様子もよく観察して、早めにかかりつけの動物病院へ連れて行ってあげた方がよいかもしれませんね。

まとめ

トイレハイは正直びっくりします。びっくりするでしょうが、猫さんにとっては週間のようなものです。しかし、場合によては体調に何らかの異常があるかもという事がわかりました。

愛猫の毎日のトイレ&トイレハイの様子を伺って、何か気づくことがあれば早めにかかりつけの動物病院に相談してみましょう。

スポンサーリンク

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

beenekoをフォローする
スポンサーリンク
ふわふわ家族

コメント

タイトルとURLをコピーしました